弊所では、以下の業務を中心に労務についてのあらゆるご相談をお受けします。
お気軽にお問い合わせください。
お見積もりは無料です。

労務管理コンサルティング

例えば、法定3帳簿の作成。「法定3帳簿って、何?」といったところから、その作成方法、注意点まで社会保険労務士が労働関係諸法令に基づき指南します。

弊所では、「プレミアム労務管理」として様々な労務管理についてくまなくチェックをしたうえでアドバイスを行い法令を遵守した労務管理を実現します。
自己流(=自社流)の労務管理ですと、どうしても見落としや間違いが発生します。そして、それらによるリスクを負うのは最終的に会社自身です。
労務管理が正しく行われていれば、当然対外的な信用度も増すと共に「待遇のしっかりした会社」として優れた人材が集まることとなります。
社内の労務管理体制、一度外部の目から総点検してみませんか?

就業規則/賃金規定作成

就業規則は会社の「憲法」ともいうべきものです。従業員が働くにあたって、きちんとしたルールが確立していれば経営者の皆さんも安心ですし、会社も守られます。さらに、就業規則は従業員を守るものでもあります。
労働関係諸法令は多くの法改正により時々刻々とその内容が変化します。それを常に会社が把握し就業規則改正を行うのは困難な場合もあります。

そこで、弊所では「就業規則定額サービス」として一度制定もしくは改定をご用命いただいた場合、労基署への届出日以降翌年末までの法改正に対応した就業規則の改定・届出を無料で行います。(法改正による改定に限り、その他の事由による改定は別途料金が必要です)

また、賃金規定に関して弊所では「賃金規定・人事考課セット」として人事考課制度についてのコンサルティングをあわせて行い、納得感のある評価制度の運用とあわせて賃金規定の制定・改定を行います。限られた賃金原資の配分を誤ると、従業員のモラール低下につながります。慎重かつ大胆な提案により、賃金の決定をダイナミックに変貌させ会社に活力を与えます。

セミナー講師/研修講師

「外部のセミナー講師を依頼したけど、どうも話が分かりにくい…」こんな経験はありませんか?セミナーや研修は、聞き手の大切な時間を拝借して行うもの。ですから、受講後はできるだけ高いパフォーマンスを発揮できるような話であることが期待されます。セミナー・研修講師を担当する弊所所長の井上は、資格予備校での経験から「豊富な事例を交えたわかりやすい話の展開」に定評があります。同じセミナー・研修なら、受け手も嫌々話を聞くより面白く話が進んだほうが頭にも残りやすいはずです。労務に関する話題だけでなく、年金や社会保障の話題についてもお任せください。
最新のトピックから懐かしい小ネタまで織り交ぜて、「楽しく、わかりやすく、記憶に残る」素敵な時間をご提供します。

各種法定手続代行

入社・退社のたびに「書類を書いて、ハローワークに行って、年金事務所に行って…」。入退社に関する事務は文字通り一日がかりです。
その他にも、「従業員に子供が産まれたから育休給付金の申請しなきゃ…」「労災発生!書類を書いて…あれ?書類の提出先は労基署だっけ?病院だっけ?」など、労働保険や社会保険に関する諸手続きは複雑なものが非常に多いのが特徴です。
事務手続きを社会保険労務士にご依頼いただければ、その分会社の皆様は本業に集中することができますので利益確保機会の逸失も少なくなります。
「面倒だから」「書き方がわからない」最初はそんなきっかけでも大丈夫です。
法廷手続きは、ぜひ弊所にお任せください。

労基署/年金事務所調査対応

労基署や年金事務所の調査といっても、過度に恐れることはありません。どんな大会社でも、法令とは異なった労務管理により指摘を受けてしまうものです。
大切なのは、官公署等から指摘を受けた「後」の対応です。現行の労務管理に問題がある場合、是正勧告や指導等がありますがその指示に従って「会社が何をしなければいけないのか」を弊所が具体的にアドバイスします。
そして、各種施策を実行し正確な労務管理が実現できたことを弊所が確認したうえで、責任をもって是正報告書を作成し官公署等に結果を報告いたします。
この「報告」までを調査対応として、会社の抱える「不安感」を払拭するのが弊所の狙いです。

労務デューデリジェンス

M&Aや事業承継など、労務デューデリジェンスを行う目的に応じ計画を策定します。
各種資料やヒアリング、実地踏査など多角的に検討を加えあらゆるリスクを洗い出します。
一般的な労務監査の手法はもちろん、目的に応じて取り得る調査を可能な限り行うとともに、PDCAサイクルに基づいてその後の対策を立案し改善計画とともにレポートにまとめます。
もちろん、特定の分野に限定した労務監査も可能です。
労災が発生し「安全パトロールの効果が上がらないとお悩みの場合も、ご相談ください。

その他

弊所では社会保険労務士業の一切を行っております。
年金コンサルティングや傷病手当金支給申請、助成金支給申請もいたします。
(助成金支給申請については原則として顧問契約を締結し一定の期間を経過して労務管理の適正化を弊所が確認できた場合に限ります)
些細なことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

労務管理コンサルティング

例えば、法定3帳簿の作成。「法定3帳簿って、何?」といったところから、その作成方法、注意点まで社会保険労務士が労働関係諸法令に基づき指南します。弊所では、「プレミアム労務...

詳しくはこちら

就業規則/賃金規定作成

就業規則は会社の「憲法」ともいうべきものです。従業員が働くにあたって、きちんとしたルールが確立していれば経営者の皆さんも安心ですし、会社も守られます。さらに、就業規則は従業員を守...

詳しくはこちら

セミナー講師/研修講師

「外部のセミナー講師を依頼したけど、どうも話が分かりにくい…」こんな経験はありませんか?セミナーや研修は、聞き手の大切な時間を拝借して行うもの。ですから、受講後はできるだけ高いパ...

詳しくはこちら

各種法定手続代行

入社・退社のたびに「書類を書いて、ハローワークに行って、年金事務所に行って…」。入退社に関する事務は文字通り一日がかりです。その他にも、「従業員に子供が産まれたから育休給...

詳しくはこちら

労基署/年金事務所調査対応

労基署や年金事務所の調査といっても、過度に恐れることはありません。どんな大会社でも、法令とは異なった労務管理により指摘を受けてしまうものです。大切なのは、官公署等から指摘...

詳しくはこちら

労務デューデリジェンス

M&Aや事業承継など、労務デューデリジェンスを行う目的に応じ計画を策定します。各種資料やヒアリング、実地踏査など多角的に検討を加えあらゆるリスクを洗い出します。一...

詳しくはこちら

その他

弊所では社会保険労務士業の一切を行っております。年金コンサルティングや傷病手当金支給申請、助成金支給申請もいたします。(助成金支給申請については原則として顧問契約を締結し...

詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。03-6240-3153受付時間 9:00~18:00(年中無休)

お問い合わせ