12月2日は「社労士の日」です

「社労士の日」とは、1968年(昭和43年)12月2日に社会保険労務士法が施行されたことにちなんでいます。
全国社会保険労務士会連合会及び都道府県社会保険労務士会では、12月2日を「社労士の日」と定め、各地で社労士をPRする様々なイベントを実施しています。

弊所でも、12月2日当日は労務管理に関するご相談を1時間1000円(1社最長1時間まで)でお引き受けするイベントを実施いたします!

12月2日のご相談をご希望の場合、恐れ入りますが前日(12月1日)までに弊所へ電話にてご予約ください。

ご予約いただかない場合は、ご相談に対応できませんので予めご了承ください。また、予約を多く頂戴した場合は予告なく締め切らせていただきます。

有給休暇の管理、新36協定届の書き方、同一労働同一賃金対応など、この機会にぜひ疑問を解決して労務管理の適正化に取り組んでください!

皆様からのご連絡をお待ちしております。